TOKYO JUNのお台場ブログ

お台場住民がお届けする、お台場の魅力とお役立ち情報

意外と便利なお台場のプチ紹介。お台場には図書館もある!

お疲れ様です。TOKYO JUNです。

早速ですが、お台場に住んでいると、「色々不便でしょう?」と聞かれますが、ご心配無用です。結構便利なのです。

ゆりかもめお台場海浜公園駅直結の建物には、区役所の分室があり、区へのちょっとした提出物は、こちらで事足ります。

また、ちょっと走れば交番があり、何か困ったときにはすぐに駆け込める安心感があります。(交番に駆け込むことも滅多にないのですが)

そして、お台場にも、図書館があるのをご存知でしょうか。台場区民センターの一角、前述の区役所分室のとなりに、「台場図書室」があります。

www.daiba-civiccenter.jp

こちらの図書館は、一人目の育休の時から利用していますが、その時は休んでいるときに文章表現力を身につけようと、なぜか北方謙三の「水滸伝」を借りてしまいました。

その結果、北方謙三の、あまりのハードボイルドな文章に、毎巻、具合と気分が悪くなっていました。妊娠中、授乳中には読んではいけない類の本でしたわ。

しかし続きが気になってしまい、途中で止めるにも止められず。結局、気分が悪くなりながら、全巻読破しました。

今は、ハードボイルドな図書は遠慮して、新聞や月刊雑誌の流し読みに出かけています。

なお、港区の図書館は、本を借りるためには都内23区在住・在勤でなくてはなりませんが、館内の本の閲覧はどなたでも利用することができます

室内には、椅子もあるので、ゆっくり本を読むこともできます。

こちらの台場図書室は、こじんまりしているので、読みたい本は十中八九ありません。

しかし読みたい本がない時は、取り寄せをお願いすることも可能です。(取り寄せの時も、都内23区在住・在勤の条件があります)

ちなみに「水滸伝」も台場図書室になく、三田図書館から毎回お取り寄せしていただいてました。

お台場にきて、なんだか本が読みたいな~とか、ちょっと時間が空いてるなと思ったら、お台場の図書館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(そんな機会は、あまりないかもしれないですが・・・)

以上、よろしくお願いいたします!